« 南支派遣軍の 写真集 | トップページ | 独)ペトロマックスの ストーブ »

2018年9月17日 (月)

籐椅子の 張替え修理

 籐(ラタン)椅子の張替え。

 60年位前の、古典的なシルエット。

S



S_2
 

 長年使いこんできたので切れたり、のびたり各部に痛みが目立ってきた。

Simg_4227
 

 
 ずいぶん前になるが、手芸店でラタンの材料を買ってきて部分補修をしてみたが、次々と切れてしまうのでこの辺でしっかり直してもらうことにした。
 ネットで調べると、八王子に「Aラタン」というラタン修理専門の店を見つけた。現品の写真を送って、見積後に持参した。 SAAB99 の主治医もそうだったが、職人と直接話をすることで、技量や考え、職場の様子(4S)がわかって安心して任せられる。
 
 
 編み直し後の籐椅子。
 
Photo



 依頼前の名残はフレームだけで、座面はもとより接合部もすべて5ミリ幅くらいのラタンで編み直してあった。 
 座面の張りも戻り、また50年使えるようになったから、職人の技術料は抜群に安いと思う。
 


 最近、英国バーバリー社の売れ残り商品の大量焼却問題が報じられたが、朝日新聞2018年9月13日の夕刊に”良いものを長く「賢い消費」へ”という記事があった。
 過剰生産、大量廃棄からの変革を考える時代になったし、その兆しも見え始めたと書いてあった。
 
 良いモノ、気に入ったモノは、繕いながら大切に使うことで一層愛着がわいてくる。
 
  
 

 ただ、この籐椅子を次の世代が長く使うかどうかは分からない。


|

« 南支派遣軍の 写真集 | トップページ | 独)ペトロマックスの ストーブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 籐椅子の 張替え修理:

« 南支派遣軍の 写真集 | トップページ | 独)ペトロマックスの ストーブ »