« 八王子千人同心(千人隊) | トップページ | 出番の減った ザイル (クライミングロープ)は »

2018年6月27日 (水)

熊よけの鈴

 ハイカーの皆さんは、どんな熊よけ鈴を使っているのだろう。

 私が使っている熊よけの鈴は、昔ローツェをやっつけた帰りにナムチェで買ったネパール土産である、というのは冗談で地元の書店が特別展をした時に求めたモノだ。

 それまで修験者が持つ金剛鈴を、下山後に立ち寄った店や骨董屋での偶然の出会いを期待して探したが縁がなかったということになる。

 鋳型を使った量産品とはいえ、バリの残っている穴あけ部品の溶接具合は稚拙だが全体の造りと似合っている。しかし、その外見から想像できないいい余韻が残る。
 はじめは小ぶりのものを買ったのだが、音が小さいので大きいほうを翌日買い足した。
 澄んだ清らかな音が遠くの熊にも聞こえているはずだが、どうだろうか。


S


 奥多摩の鷹ノ巣あたりの縦走路を鞍部へ向けて3人で下っていたとき、トップの私は200メートルくらい反対側から同じ鞍部へ下る単独行者の黒い姿が視界にちらりと入った。てっきり鞍部ですれ違うものと思っていたが、単独の黒い影とは落ち合わなかった。
 そういえば、ぜんたいに黒っぽかったし、リュックを背負っている風にも見えなかったから熊だったのか。後ろの二人は全く気付かなかったという。


 鈴の効果だろうか、いままで熊らしいケモノに出会ったのはこの時だけである。
 
 

|

« 八王子千人同心(千人隊) | トップページ | 出番の減った ザイル (クライミングロープ)は »

山、道具」カテゴリの記事

コメント

皆瀬川支流・春川の名物トロッコ橋のつけ根近くでガルルルルルと一唸りされたのが最も至近距離ですね。聞かなかったことにしてトロッコ橋に登りました。

鈴は沢では聞こえませんよ多分ね。夏道はいつも「ホーイホイ」と勢子のように奇声を発しますw 沢や笹藪の手前になると この時には常にホイッスルです。人の声って効果ありますよ。熊が微動だにせず潜みますから。。。ホイッスルは遠くまで響くので速足の時には便利です。

投稿: もときち | 2018年7月 2日 (月) 23時36分

 熊の住む自然界に存在しない鈴の音なので、ヤツには聞こえているはず、と信じてます。音も光も見通し距離ですが、イワシの頭です。
 熊よけ目的ではありませんが、私らも先頭の姿が隠れてしまうと位置確認で「ホーイホイ」のニュアンスでもっと裏声、頭のてっぺんからヨーデルのような声で「ホフイーッ ホフィホフィ」なんてやってました。
 拾った木の枝で木の幹を時々たたいたりもします。
 冬山で使うため、プラスチックの呼子を手に入れたいと思いつつ今に至っております。ずっと金属のホイッスルのまま。
 辻まことも、大声で歌いながら歩いたことを書いています。

投稿: ばやん老人 | 2018年7月 3日 (火) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊よけの鈴:

« 八王子千人同心(千人隊) | トップページ | 出番の減った ザイル (クライミングロープ)は »