« ピッケルの アルペン差し | トップページ | ローバーの ビブラム剥がれ »

2018年4月29日 (日)

スチール製 スキーストック

 古いスチール製のストック。
 
S2
左:スチール製  良質な革を使い手間を惜しまぬ造り 1960年代後期
右:SWIX 社のカーボンファイバー製 裏革でシャフトに接着 1990年代?
 
Sswix_sandvik
 
 


 40数年前のこと、穴熊の尻皮を買いに行った隣町の運動具屋さんの片隅で、埃をかぶっていた作りの良い皮グリップを見つけ、取り出すと籐製のリングが付いていた。
 よくもまあこんな東京郊外の運動具屋さんにスウェーデン製の渋い品物が置いてある、と親父さんの審美眼に敬意を表して購入したのである。
 この町の名を冠した山岳会は、路地裏のこの店から用品を購入していた。
 
 SANDVIKEN SEEFAB PICK (注:17ページのPDF表示は10秒くらいかかります)とラベルに書いてあり、わざわざデュアルテーパーと謳っていることから、鋼製パイプを中央から両端へ向かって細くするのは技術的に難しい作りだと考える。
 
S_8
 
Photo
 
   消えてしまったが、丸いラベルには長さ139㎝と印刷してあった
 
 
 皮革グリップの滑り止め加工、籐と皮のリング、鋼製のパイプという組み合わせは、合竹製から軽金属製に移行する端境期の貴重な製品と推測できる。
 
 
 
 
 SANDVIKENはスウェーデンの鉱工業の町の名で、そこに SEEFAB 社があるようだが、今でも存続しているのか、どこかの会社の傘下に入ったかはわからない。
 
 
 
 
 

|

« ピッケルの アルペン差し | トップページ | ローバーの ビブラム剥がれ »

山、道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スチール製 スキーストック:

« ピッケルの アルペン差し | トップページ | ローバーの ビブラム剥がれ »