« キリンの 缶コーヒー 「FIRE (ファイアー)」 | トップページ | 1年後の SAAB 99 »

2017年9月18日 (月)

ガラス窓の 接着剤

 10年くらい前のこと、突然ジャロジー窓の一本のガラスが割れてしまった。
 
 修復は、瞬間接着剤やエポキシ系接着剤などいろいろ試したが、厚さ6mm幅130mm、長さ500mmほどの金網入りの接合はうまくいかなかった。
 ガラスの破断面が平滑なことも、接着条件を悪くしていたと思う。
 
 先日、UVライトを当てて硬化する「ボンディック」という接着剤を知った。
 
S_6
 
 割れたガラスを机に平らに置き、黒い軸の方から接着液を接着面へ流し込む。
 オレンジ側のUVライトを4秒間。心配なので10秒くらい照射して接着液を硬化させる。
 すると、あれほど苦労していたガラスの接着が易々とできてしまった。
 
 接着後の強度がどれほどかわからないが、ジャロジー窓は毎日紫外線に当たるので日々強くなるはずだ。
 
 
 
 
 

|

« キリンの 缶コーヒー 「FIRE (ファイアー)」 | トップページ | 1年後の SAAB 99 »

文房具、道具」カテゴリの記事

コメント

へ~ ほ~ なるほど、、、、
いい情報です 割れてないすけど

投稿: tabi-logue2 | 2017年9月18日 (月) 23時29分

液体樹脂を紫外線で固める方法は、歯医者さんでやりますね。
次回は、プラモデルの欠損部品を直してみたいと思います。

投稿: ばやん老人 | 2017年9月19日 (火) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガラス窓の 接着剤:

« キリンの 缶コーヒー 「FIRE (ファイアー)」 | トップページ | 1年後の SAAB 99 »